Message

代表挨拶

国際交通株式会社 代表山野直也
国際交通株式会社 代表山野直也
POINT
「ホスピタリティ精神」を持ってお客様に接しております。

私ども国際交通株式会社は、1950年の創業以来、お客様の命をお預かりする『タクシー』という、身近でありながら社会的責務の非常に重い事業の担い手として、日々、安全運行に努めてまいりました。

2000年には、事業拡大のため、文京区小石川より、現在社屋のある東京都北区志茂に移転し、今後も、地域に根差した企業であり続けたいと願っております。
タクシー会社として専用設計・新設された社屋と駐車場は、大浴場やサウナ、全自動洗車機などを備え、ドライバーはもとより、オフィスワーカーにとっても、働きやすい環境を実現しています。

また、2020年に創業100周年を迎えた業界最大手kmグループ(国際自動車株式会社)の一員として、『ホスピタリティ・ドライビング』の理念を基軸に、多様化するお客様のニーズにお応えするため、新しい技術やシステムを積極的に取り入れ、自らを変革することに臆することなくチャレンジし続けています。
現在、独自の社内プログラムを立ち上げ、同じ國際株式会社の系列企業である、ラッキータクシー株式会社、親切タクシー株式会社とともに、さらなるホスピタリティサービスの向上を目指し、いつの時代でも皆様に選んでいただけるタクシー企業であり続けられるよう、そして、新たな価値を創造する存在であり続けられるよう、全社一丸となり、今後もたゆまぬ努力を積み重ねて参ります。
皆様の温かなご支援をよろしくお願いいたします。

交通安全に関して

社長 レーシングドライバー

私は、レーシングドライバーである兄・山野哲也の影響もあり、
2000年に参戦した全日本ジムカーナ選手権以降、様々なワンメイクレース・スーパー耐久レース・D1グランプリ・SUPER GTなど数々のカテゴリでステアリングを握り、2012年からは我々のグループ会社の一つであるポルシェディーラーのモータースポーツ活動に参加、ポルシェカレラカップジャパンやSUPER GTといった世界最高峰の自動車レースでドライバーを務めています。

サーキットでは最高速度300キロ近くまで達し、一瞬のミスが命取りとなるような危険と隣り合わせのレースを展開していますので、安全に対する考え方や装備も世界最高峰です。

ライバルと競い合うレースでは極限の環境下のもと、運転技術はもちろんのこと、ルールの順守や危険を予測して回避する能力が問われます。そして車を無事に目的地までゴールさせる事で、はじめて結果として認められます。

このことは、一般公道における運送事業全体にも全く同じことが当てはまり、私達タクシー事業者も例外ではありません。

最近は、レーシングドライバーが自動車メーカーからの依頼で、車作りのアドバイスや安全運転の講習などを行うケース(欧米では当たり前)が増えていますが、モータースポーツが安全に役立つ事がようやく日本においても理解されてきたように感じます。

私もこれまでのモータースポーツ活動の経験を活かし、ここ「国際交通」にて安全に対する取り組みをより一層強化していきたいと思います。

国際交通株式会社 代表取締役社長 山野 直也
topへ