ABARTH 124 spider

自分の中で久しぶりに良いクルマに出会ったので、國際グループでは取り扱ってない車種ですが、敢えてブログに書きます。

アバルトというチューナーメーカーが製作している、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)のクルマです。あまり知識がないので詳しくは分かりませんが、マツダのロードスターとプラットフォームが共通らしいのです。エンジンが大きく違って、1.4リッターのターボ。

 

何が良いって、パワーと車重とハンドリングがちょうど良い。程良く加速して、良く止まり、そして良く曲がる!

そしてこのクルマに出会ったのは、実兄の山野哲也とダブルエントリーした全日本ジムカーナ。久しぶりのジムカーナに加えて、ぶっつけ本番にも関わらず兄弟で1−2フィニッシュ出来たくらい、あまりの乗りやすさに驚いた。

結果はもちろん哲也が優勝なんだけどね(笑)

 

写真を良く見ると、ターンインのブレーキングでリアタイヤの内輪が浮いちゃってるのに、良く止まるのは何故だろう(笑)

理屈的には絶対良くない姿勢なんだけど、体感と結果が良ければ全て良し。

 

photo by Masaru Hirata

投稿者:

山野 直也

プロフィール:システムエンジニア→開発ドライバー兼レーシングドライバー→國際株式會社/国際交通株式会社代表取締役兼レーシングドライバー